ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月01日

シュトゥットガルト、ウドゥオカイ獲得目指すもいくつもの壁

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトではブンデス2部開幕戦にて、前十字靭帯断裂という大怪我を負ったマルチン・カミンスキの穴埋めを模索しているところだが、ただその有力な候補としてリストアップしていたフェリックス・ウドゥオカイの獲得は厳しい状況にあるようだ。

 そもそもウドゥオカイ自身はブンデスリーガ1部でのプレーを希望しており、さらにヴォルフスブルク側は売却のみに関心がある模様。その金額は1600万ユーロともいわれているところだ。しかしシュトゥットガルト側はレンタルのみを検討。そのため他のオプションもチェックしていかなくてはならない。

ヴォルフスブルク、カステンとプロ契約

 その一方でヴォルフスブルクは、若手リノ・カステンと2022年までのプロ契約を締結した。U15から一貫して育成され、Aユースでの契約をあと1年残していた18才のGKは。昨季のうちのトップチームの練習にも参加。今夏のキャンプにも帯同している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報