ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月14日

サウサンプトン、アウグスブルクから関心のウドゥオカイの動向は?

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたドイツ杯初戦ハレシャーFC戦では、ジョシュア・ギラボギの退場に伴い、延長戦から3バックの中心へとスライドし、守備をになったフェリックス・ウドゥオカイ。そこで数的不利という中で相手にこれといった得点チャンスは与えておらず、試合後グラスナー監督からは「他の選手たちと同様に、ウドゥオカイも素晴らしいプレーをみせてくれた」と賛辞が送られた。

 しかしこのままヴォルフスブルクでプレーするかどうかについては不透明のままだ。バックアップの状況に基本的には不満を感じているところであり、特に左利きのCBとしてはアンソニー・ブルックスの後塵を拝しているところ。そのため移籍の可能性が取りざたされているところではあるのだが、ただ指揮官は「私は耳にはしていないね」と強調した。

 しかしながらプレミアリーグのサウサンプトンが、数週間前にコンタクトをとったと見られており、ただ1500万ユーロという移籍金額から、最終的にはアウグスブルクからケヴィン・ダンソを獲得した。そして今はそのアウグスブルクが、ウドゥオカイへ関心を示しているものの、一昨シーズンにブレイクしたドイツU21代表の移籍金額は決して安いものではない。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報