ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月29日

アウグスブルク、ドイツU21代表CBウドゥオカイを獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクから、FCアウグスブルクはCBフェリックス・ウドゥオカイの獲得に成功したことを発表した。まずは来年夏までの1年間の期限付きとなり、ただ契約には長期契約による買取オプションも付随している。

 2017年に1860ミュンヘンからヴォルフスブルクへと加入したドイツU21代表は、移籍当初こそ順調な出だしをみせたものの、最終的には先発の座を失っており、今季も同じレフティのアンソニー・ブルックスの後塵を拝していた。

 ヴォルフスブルクではその振る舞いが評価され、移籍に向けて特に障害は設けられることなく、新たな船出を迎えることとなっており、その新天地ではヴォルフスブルク時代に指導を受け、活躍をみせていた頃の指揮官、マルティン・シュミット監督の下で再起をかける。

 「フェリックス・ウドゥオカイという、さらにドイツU21代表をFCアウグスブルクへ加えられたことを、非常に嬉しく思っているよ。彼の持つクオリティには強く確信を覚えている」と、マネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は喜びを語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報