ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月01日

ヴォルフスブルク、守護神カスティールスとシュラーガーが負傷離脱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクはこれから数週間にわたり、守護神のコーエン・カスティールスを欠いて臨むことを余儀なくされた。同選手は土曜日に行われたパダーボルン戦にて、相手FWホルトマンと競り合った際にふくらはぎを負傷。手術の必要はないとのことだが、これからしばらく練習参加を見合わせるとのこと。まだ具体的な離脱期間については発表されていないが、ただ今回の代表戦期間では、ベルギー代表へと断りを入れることになる。


 さらにヴォルフスブルクでは、同じパダーボルン戦にて、この夏に加入したばかりのザヴェル・シュラーガーも負傷。同選手に関しては特に相手選手からの影響を受けてというわけではないが、足首に骨折が見受けられており、これから手術を受けることも明かされている。グラスナー監督は「今日は非常に悲しい日となってしまった」と肩を落とした。

イェボアをレンタル

 またヴォルフスブルクは、1年間の期限付きで、オランダ1部VVVフェンローへと、ジョン・イェボアをレンタルした。19才のFWはトップチームでは、昨季にはブンデス2試合、ドイツ杯1試合に出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報