ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月05日

ヴォルフスブルク、EL登録メンバーにシュラーガーとギンチェク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクはヨーロッパリーグ・グループリーグに向けたメンバーを登録、その中には負傷離脱中のザヴェル・シュラーガー、そしてダニエル・ギンチェクの名前も含まれていたものの、その一方でイグナシオ・カマチョについてはメンバーから外れた。先週末に行われたパダーボルン戦にて、足首に骨折を抱え交代を余儀なくされていたシュラーガーは、火曜日に母国オーストリアにて手術を受けており、前半戦での復帰は厳しいとみられてはいるもののメンバー登録入りを果たしている。

 グラスナー監督は、「手術はうまくいった」と述べ、「今はまだ計算できる状況にはないが、完全に除外するまででもない」と説明。「これがちょっとしたモチベーションにつながるかもしれないよ」との見方も示しており、その前向きさへ「素晴らしい」と賛辞をおくった上で、「あの若さでみせている、この状況を克服しようとする姿はリスペクトものだ。すぐに気持ちを切り替えて、前を向いている」と言葉を続けた。それは今夏の準備期間早々に負傷し、背中を手術したダニエル・ギンチェクにも言えることであり、「11月終わりか12月なかばまでには、まだ十分に時間が残されているよ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報