ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月04日

ヴォルフスブルク、頭部打撲で「記憶がない」ヌメチャが病院へ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜夜に行われたヨーロッパリーグGL第2戦、敵地サンテティエンヌ戦へと臨んだVfLヴォルフスブルクだが、この試合でルーカス・ヌメチャが負傷。そのまま病院へと搬送される事態へと陥ってしまった。

 後半60分すぎに、FWウェクホルストとの交代でチームに勢いをもたらすことが期待されていた同選手。だがこの試合で注目を集めることになったのは、その得点力ではなく相手GKの足がこめかみへと入ってしまった場面だった。

 そしてそのままヌメチャは担架によってピッチを後にし、そのまま病院へと搬送。伝えられるところによれば同選手は、あの場面について記憶がないようで、脳しんとうの疑いがもたれているところ。そのため試合後にそのまま帰途につけるかも不透明となったままだ。
 
 なお試合は、ヴォルフスブルクが敵地で1−1と痛み分けとしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報