ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月20日

ヴォルフスブルク、ユベントスと同様に無敗継続

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ第8節が経過してもなお、VfLヴォルスブルクはいまだ無敗を継続しているところだ。土曜日の試合ではCL出場の強豪RBライプツィヒ戦だったものの、特に守備面での強さを発揮して内容に見合ったドロー。オリヴァー・グラスナー監督は「後半をみれば見合った結果だ。勝利も収められたと思う。ただ前半はライプツィヒがよかったし、今回の勝ち点は非常に良いもの。勢いづくよ」とコメント。

 「本当にとてもうれしく思っているよ。さらに追加することができたのだ。ただ何よりも嬉しく思うのは、選手たちのプレーを目にすることだよ。今日は本当に満足できるパフォーマンスだったと思う。ライプツィヒは前半では押していたが、ビッグチャンスをいくつも得られていたし最終的にはこの結果に全くもってふさわしいものをみせたと思う」と言葉を続けている。

 そしてヨーロッパリーグでも戦いを続けるVfLヴォルフスブルクでは、リーグ戦のみならず国際舞台も含めて、今季は無敗を継続しているところであり、これは欧州4大リーグで比較した時にユベントスに並ぶ数字だ。「それは素晴らしい要素だね。我々が良い流れにある証だよ。今日は強豪を相手に良い腕試しになった。うまくやってくれたと思う」と賛辞をおくった。
 
 ちなみに開幕から8試合で勝ち点16を稼いでいるのは、ヴォルフスブルクのクラブ史上2番目に早いスピードであり、ちなみに最速は2004年にエリック・ゲレツ監督の下でマークした18。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報