ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月22日

ヴォルフスブルク、シュラーガーが驚異的回復を見せて復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年最後の代表戦期間明けに行われる、敵地アイントラハト・フランクフルト戦に挑むVfLヴォルフスブルク。是が非でも4連敗の流れをここで食い止めておきたいところだが、8月31日のパダーボルン戦にて足首を骨折していた、ザヴェル・シュラーガーが驚異的な回復をみせ復帰を果たすことが明らかとなった。

 同選手はすでに火曜日に行われたチーム内でのテストマッチにて、60分間にわたり問題なくプレーし続けており、オリヴァー・グラスナー監督は「メンバー入りするよ」と明言。そもそもヨーロッパリーグGLへの登録も「これが励みになるかもしれない」との見方をみせていた指揮官だが、まずは母国で治療に励み「理想的な展開」で回復を達成。ただし先発起用については「それは時期尚早だよ」と慎重な姿勢を強調している。

 さらに同じくパダーボルン戦にて脛骨に亀裂骨折を抱えていた守護神、コーエン・カスティールスの復帰もこの試合から期待されているところであり、これまで代役を務めてきたペルヴァンは再びベンチに下がることになるだろう。また大腿筋の筋損傷を抱えていたアドミール・メーメディも先発候補となったが、ただぎっくり腰を抱えてしまったユヌス・マリは欠場を余儀なくされた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報