ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月10日

ヴォルフスブルク、ウィリアムが十字靭帯断裂で残り全休へ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたブンデスリーガ第21節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦にて、VfLヴォルフスブルクのDFウィリアムが左膝を負傷。そして月曜日にクラブ側は精密検査の結果、同選手が十字靭帯断裂を抱えたことを明らかにした。

 24才のサイドバックにとって、これは非常に辛い知らせだ。確かに第15〜19節にかけてはグラスナー監督より起用を見送られていたブラジル人DFだったものの、しかしながらここのところは再び先発出場。

 しかしながら週末の試合の後半23分に、相手MFエリック・トミーとのサイドライン際での対人戦にて負傷、この瞬間、残りのリーグ戦13試合の欠場が確定してしまった。なお代役には本来右SBのムバブが起用、しかし今季加入の新戦力はここまでkicker採点平均4と、期待に応える活躍はみせられていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報