ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月27日

ヴォルフスブルク、ELマルメ戦にて主将、両SBが欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にブラウンシュヴァイクから、一路EL32強2戦目に向けてVfLヴォルフスブルク一行が飛び立ったものの、しかしながらそこには、主将ジョシュア・ギラボギの姿が見受けられなかった。

 同選手は膝に問題を抱えて前回の初戦、そしてマインツ戦でも欠場を余儀なくされており、さらに前回の初戦で大腿筋に負傷をおった見大サイドバック、ジェローム・ルシヨンも引き続き欠場。加えて今回の試合では、右サイドバックのムバブが出場停止にあることから、グラスナー監督は両サイドバックの対応にも追われることになる。


 確かにルシヨンの代役として、パウロ・オタビオがうまく穴埋めを見せていることは好材料ではあるのだが、同選手は右サイドバックでウィリアムが離脱にあることからムバブの穴埋め役も担っているところであり、「練習をみて判断する」と指揮官。可能性としては復調したポングラチッチがいるCBから、ティスランドをサイドバックにスライドして起用することも頭にあることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報