ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月06日

ヴォルフスブルク、ギンチェクとムバブが疑問視。ルシヨンは復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後にRBライプツィヒとの一戦を迎える、VfLヴォルフスブルク。だが「何人かの選手については、出場へ疑問符がついている」ことを、グラスナー監督は明かしており、実際にダニエル・ギンチェクとケヴィン・ムバブの両選手が、木曜に行われたチーム練習への参加を見送り別メニューをこなしていた。

 膝に問題を抱えているギンチェクの状態について、指揮官は「今日はとても良い感じには見られるがね。しかしまだ様子見だよ」と強調。同様の事はムバブにも言え、大腿筋の筋損傷を抱えるDFについては、「明日の最終調整には参加する見込みではある」と語った。

 その一方で2週間前のマルメFFとのホーム戦にて、同じく大腿を負書していたDFのジェローム・ルシヨンについては、「練習では100%参加できているし、とても順調だよ」と、コメント。どうやらこのまま先発復帰の可能性もありそうだ。だが主将ジョシュア・ギラボギについては、まだ時期尚早のため引き続き欠場となる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報