ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月24日

ヴォルフスブルク、パウロ・オタビオが長期離脱の危機

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ再開初戦となったFCアウグスブルク戦では、まさに2−1での勝利の中でマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を披露していた、パウロ・オタビオ。しかしながらその1週間後に行われたボルシア・ドルトムント戦前の練習で足首に負傷を負い、長期離脱の危機に瀕することとなった。

 「まだ詳しいことはわかっていないんだ」と、オリヴァー・グラスナー監督はコメント。「月曜日に精密検査を受けることになるよ」と言葉を続けており、ただ見通しとしては「長期離脱の可能性」がみられることも明らかにしている。

 前半戦では負傷により大半を棒に振りながらも、「夢見ていたブンデスの舞台」に立つため「ハードに取り組み」、そしてライバルのルシヨンとの定位置争いをも制して、活躍を見せていたオタビオ。「今の僕は良い流れにあると思う」と語っていただけに、今は非常に辛い心境に陥っていることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報