ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月11日

ヴォルフスブルク、メーメディが負傷離脱。穴埋め候補は3人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アドミール・メーメディは、古巣SCフライブルク戦にて欠場を余儀なくされることとなった。VfLヴォルフスブルクに所属するスイス人FWは、アキレス腱の問題に悩まされており、この試合のみならず次節についても欠場の見通しとなっている。

 「アドミールは土曜日にフライブルク戦、そしてその後のグラードバッハ戦でも欠場することになるだろう。彼はアキレス腱に問題を抱えてしまっているんだ」と、オリヴァー・グラスナー監督は、木曜日に行われたプレスカンファレンスにて明らかにした。

 2013年から2015年までフライブルクにてプレーしていた同選手は、その後にレヴァークーゼンを経由する形で、VfLヴォルフスブルクへと加入。代役候補としては同じくフライブルクにてプレーし、ブレーメン戦で決勝点をアシストしたフェリックス・クラウス、そのブレーメン戦で先発出場するも、kicker採点4.5と精彩を欠いたジョアン・ビクター、そしてCFと本職とするベテランFWダニエル・ギンチェクら三人を挙げることができる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報