ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月09日

代表戦でカスティールスが顔、ムバブが膝に打撲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまでティボー・クルトワやシモン・ミニョレらの影に隠れ続け、ようやくこの日にベルギー代表デビュー戦を迎えた、コーエン・カスティールス。そんなネイションズリーグ第2戦アイスランド代表戦では、わずか開始10分に先制点となる代表初失点を記録。さらに後半10分すぎには、今度は不運にも相手選手の肘が顔面を強打してしまった。

 それから口内出血が治らず、そのまま途中交代を余儀なくされており、その後に裂傷は縫合されている。思惑とは大きくかけ離れた代表デビュー戦となってしまったが、試合はベルギーが快勝。またカスティールスも、土曜日に迎えるドイツ杯初戦出場に影響はないだろう。

 その一方でスイス代表の一員として参加していたケヴィン・ムバブも、ネイションズリーグ初戦ウクライナ代表戦では、膝に打撲を受けており、その後の検査の結果で重傷ではないとされているが、いまだ腫れはひかず、水曜日にも再検査を受ける予定となっている。

 なおヴォルフスブルクの右サイドバックでは、ウィリアムも十字靭帯断裂後から復調しきれていないため、おそらくはドイツ杯初戦では攻撃的選手、フェリックス・クラウスが先発最有力候補ということになるだろう。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報