ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月21日

ヴォルフスブルク、バクーの焦点は移籍金。ブルマはサラリー

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末にはVfLヴォルフスブルクより、1.FSVマインツ所属のリドル・バクーに対する関心が明らかとなったが、すでにマインツのルーヴェン・シュレーダー競技部門代表との話し合いは行われている模様。

 ただし成立に向けた重要なポイントとなってくるのは、やはり移籍金であり、あくまでマインツ側は1000万ユーロは求める考えのようだ。ただもしもポリバレントさをもつドイツU21代表MFの売却について、700〜800万ユーロまで譲歩するのであれば成立をみることもできるかもしれない。

 その一方で昨季はそのマインツにレンタル移籍し、今夏にヴォルフスブルクへ復帰していたジェフリー・ブルマについては、ヴォルフスブルクにもはや居場所はなく、5人のCBがいる状況から移籍先の模索に障害は設けられていないものの、その高額なサラリーから選手自身の判断も難しいところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報