ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月27日

ヴォルフスブルク、主将ギラボギが筋損傷で離脱

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクは、週末に控えるヘルタ・ベルリン戦において、ジョシュア・ギラボギを欠いて臨むことを余儀なくされた。先日のアルミニア・ビーレフェルト戦では2−1で勝利をおさめたものの、同選手は前半30分に短いスプリントの後、右大腿裏の筋肉を負傷して途中交代。

 そしてその後に受けた検査の結果、フランス人MFには小さな筋損傷が見受けられることが確認された。今のところはまだ、具体的な離脱期間については発表されてはいないものの、すくなくとも今週末のリーグ戦では不参加ということになる。

 ヴォルフスブルクにて主将を務めるギラボギは、ここまで今シーズンはブンデスリーガ全5試合中4試合に出場。kicker採点平均2.88をマークしているところであり、2014年からの在籍期間のうち、2015年にはドイツ杯優勝を達成した経験ももつ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報