ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月15日

グラードバッハの選手にコロナ陽性、ヴォルフスブルクからは陰性が確認

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 定期的に行われているコロナ検査の結果、ボルシア・メンヒェングラードバッハの選手1人から陽性反応が確認されたことが明らかとなった。ただしチーム全体が隔離される恐れは、今のところはまだ無い。

 なお該当選手についてはすでに隔離されており、ただ選手本人の要望により名前が明かされることはなかった。また担当当局との協議の結果、クラブ敷地内における衛生対策などは可能な限り守られているため、チームとしては予定通りに練習を継続。ちなみに代表戦にはグラードバッハから11選手が参加中。

【ヴォルフスブルクからは無事に陰性確認】

 その一方で今回の代表戦期間では、グラスナー監督の進退問題と共に、先週末に対戦したホッフェンハイムから大量のコロナ感染報告があったことで不安も走っていたヴォルフスブルクだが、グラスナー監督は今週行われた検査の結果、全てで陰性が確認されたことを発表した。「代表選手たちも無事に戻ってくることを願っている」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報