ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月16日

王者バイエルンに挑む、無敗のヴォルフスブルク。ブルックス欠場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここまで首位のバイヤー・レヴァークーゼンと並び、開幕から11試合が経過していまだ無敗を継続する、VfLヴォルフスブルク。だが水曜日には首位陥落を喫したとはいえ、昨季の三冠王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦が控えているところだ。
 
 だがその試合に先駆けて行われた会見にて、オリヴァー・グラスナー監督は守備の要アンソニー・ブルックスの出場が危ぶまれていることを明らかにしている。「打撲を受けたために、練習中断を余儀なくされたんだ。おそらく間に合わないとみている。」つまりはマクサンス・ラクロワの相棒を担う選手を見出さなくてはならないということだ。

 確かにCB陣の中にはジェフリー・ブルマも控えているものの構想から外れており、開幕時のように主将ジョシュア・ギラボギを起用する可能性がある。確かに負傷を抱えてきたが復調を果たしており、同国出身のラクロワとのプレー経験があることもプラス材料だ。また同じく負傷から回復したマリン・ポングラチッチ、そしてプロ契約を締結したばかりのティム・シアスレーベンもオプションとして控えているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報