ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月24日

ヴォルフスブルク、最悪の場合11選手が不在に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「2週間前には、24名の選手たちが練習に参加していたというのに・・・」そう漏らした、VfLヴォルフスブルクのオリヴァー・グラスナー監督。だがこれから迎えるドイツ杯2回戦ザントハウゼン戦では、最悪の場合11人もの選手を欠いて臨む可能性もでているところだ。

 少なくとも出場への疑問符がついている選手は、シュトゥットガルト戦にてマンガラと衝突し、今も深呼吸の際に痛みを伴うヨシプ・ブレカロや、筋肉系の問題を抱えるケヴィン・ムバブ。

 欠場が確定しているのは、コロナ感染が確認されたアーノルドとルシヨン、さらに濃厚接触者とされたシュラーガー、フィリップ、シアスレーベン。さらにコロナ感染から回復を目指すウィリアム、背中の問題を抱えていたブルックス、アキレス腱の問題を抱えているメーメディ、構想外のブルマとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報