ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月05日

ザンクトパウリ、GKストヤノヴィッチとFWマーモウシュ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季はここまで自動降格圏内へと沈むなど、苦戦続きのブンデス2部FCザンクトパウリだが、火曜日に2人の新戦力を迎え入れることを発表した。ゴールキーパーのデヤン・ストヤノヴィッチと、攻撃的選手のオマル・マーモウシュである。

 前者は英国2部ミドルスブラからの加入となり、27才のオーストリア人についてシュルツ監督は豊富な国際経験と、残留争いにおける経験をもった選手と評価。「即戦力となれるかが重要だった。(ドイツ語圏の)オーストリア出身ということで誰とでもコミュニケーションをはかれるしね」

 一方でストヤノヴィッチは、新天地でのプレーを心待ちにしているところであり、「ザンクトパウリから関心を持ってもらえたことはとても嬉しかったし、これからチームの助けになれるよう楽しみにしている。下位争いから一刻も早く抜け出すことを目標にがんばっていきたい」と語った。

 またマルムシュについてはヴォルフスブルクから半年のレンタルでの加入となり、「トップだけでなく、ウィングとしてもオプション。アシストだけでなく自らも得点機会を伺える」と指揮官は評価。ボルネマン競技部門取締役は「今季は負傷の影響で一貫して攻撃陣に頼れなかったから、ポリバレントな選手を求めた」と説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報