ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月06日

ハノーファー、フェリックス・クラウス復帰を模索か

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ハノーファー96は、フェリックス・クラウスの復帰を検討している。少なくともそれは、マルティン・キント会長自身が地元メディアのノイエ・プレッセに対して、「彼は市場に出ている選手だ」と述べ、認めたものだ。

 確かにそれは間違った見解ではない。現在所属するVfLヴォルフスブルクでは5回の途中出場で、合計出場時間は138分にしか満たない。2018年に移籍金300万ユーロで加入したアタッカーにとって、これは明らかに物足りない数字だ。そのためレンタルにて、ハノーファーへと復帰することになるのか?

 だがヴォルフスブルクのヨルグ・シュマッケ氏は、「どこからもコンタクトはないし、我々は記事を目にしているだけで、少し驚きを覚えているよ」とコメント。それでも前述の状況もあり、コロナ危機下ということでどうなるのか条件次第だが、特に移籍にむけて特に障害を設けるようなことはないはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報