ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月18日

シャルケ、ギンチェク獲得に失敗か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によれば、オフェンス面に大きな問題を抱えるFCシャルケ04では、FWのテコ入れとしてVfLヴォルフスブルク所属、29才のCFダニエル・ギンチェクへと触手を伸ばしていたようだ。

 なおヨッヘン・シュナイダーSDは先日に、VfBシュトゥットガルト時代に共に戦ったクリスチャン・グロース監督を招聘しており、ギンチェクもまたシュトゥットガルト時代に知る間柄ではあったものの、どうやら今回は選手自身とサラリー面での開きから、合意には至らなかった模様。

 ヴォルフスブルクとの契約を2022年まで残すギンチェクだが、ウェクホルストの影に隠れる形で思うような出場機会は得られておらず、ビアレクの後塵も拝し、今季はここまでリーグ戦6試合の出場、そのほとんどが終盤からの起用となっている。

 一方でこれによりシャルケでは、クラース・ヤン・フンテラールとの契約を目指しているところ。日曜のフェイエノールト戦では、ふくらはぎの負傷により出場が見合わされた同選手について、グロース監督は日曜の試合後、「フンテラールはシャルケを救いたいと考えている」ことを明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報