ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月24日

ヴォルフスブルク、ブレカロが軽度の脳震とうで離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクは週末に迎えるヘルタ・ベルリンとのホーム戦にて、ヨシプ・ブレカロを欠いて臨むことを明らかにした。これは水曜日に同クラブが発表したものであり、クロアチア人ウィンガーは火曜日に行われた練習中に、軽度の脳震盪を抱えてしまったという。
 
 その際に同選手は顔面へ強烈にボールを受けてしまったとのこと、その後にめまいを訴えており、病院へと搬送され受けた結果、脳震盪であることが判明した。なおクラブ側ではまだ、具体的な離脱期間については週末の欠場以上には明らかにしていない。 

ブルックス欠場、アーノルドは病欠

 なお今回の試合では、アンソニー・ブルックスが累積警告のために欠場。地元かつ長年過ごした古巣戦の欠場は辛いことだろうが、逆にこれをチャンスに変えたいのがマリン・ポングラチッチだ。今季は腺熱、そしてコロナ感染に見舞われる苦しいシーズンとなっており、ギラボギもCBの候補だがアーノルドが体調不良で練習不参加ということから、本職の中盤で必要とされる可能性がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報