ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月20日

ヴォルフスブルク、ブルマと”レジェンド”リュトガー氏が退団

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オリヴァー・グラスナー監督の去就はいまだ不透明の状況が続くVfLヴォルフスブルクだが、土曜日に行われる1.FSVマインツ戦をもってジェフリー・ブルマが退団。さらに道具担当のヘリベルト・リュトガー氏も退任することになる。

 2000年1月より21年間にわたって、ヴォルフスブルクでの職務を全うしてきた64歳は、まさにクラブの酸いも甘いも味わってきた生き字引であり、監督、コーチ、選手は絶えず入れ替わっても、常にヴォルフスブルクにはリュトガー氏の姿があった。だが妻や孫との時間を大切にしたいという思いから、シェファーSDから”レジェンド”と評される男は、無観客のスタジアムを前に、静かにヴォルフスブルクを後にすることになる。

 一方でブルマにとってヴォルフスブルク時代は、なかなか思うようにコトが運ぶことはなく、その間にマインツやシャルケへのレンタル移籍も経験。5年目となった今季にいたっては1分もピッチに立つことさえ叶わず、契約満了に伴い退団することとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報