ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月11日

ACミランのハウゲの代理人が、ヴォルフスブルクを訪問

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 あるインスタグラムの写真が波紋を呼んでいる。それはエメフィ・アネケ・アタ氏が、VfLヴォルフスブルクのセンターを訪問している様子が写し出されたものだが、これにより注目を集める結果となったのが、同氏が代理人を務めるACミラン所属、イェンス・ペッター・ハウゲである。

 今夏の補強ポイントの1つとしてウィングが挙げられるヴォルフスブルクでは、その候補者の中にハウゲの名前も浮上しているところであり、スピードをもった、ドリブルとフィニッシュを得意とする21歳は、まさに求める選手像にマッチしているともいえるだろう。kickerが得た情報ではヴォルフスブルクは関心を示し、代理人とのやりとりも行われている模様。

 昨夏にユース時代から過ごしたボデ/グリムトを後にし、ACミランへと加入したノルウェー代表MFは、今季セリエA18試合に出場して2得点、ヨーロッパリーグでは予選も加え8試合で6得点をマーク。しかしながらリーグ戦での先発出場は、今年1月の2週間のみの3試合であり、それ以外は途中から。加えて30節以降の9試合では出場機会もなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報