ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月13日

ケルンのセバスチャン・ボルナウが、手を骨折

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日の午後、1.FCケルンのセバスチャン・ボルナウは、右手の精密検査へと臨むこととなり、その結果で中手骨に骨折が見られることが確認された。今後はスプリントによって固定がなされることになるが、練習には参加することが可能だという。バウムガルト監督は「大したことではない」と述べ、「セバスチャンは今日から一緒にキャンプへと向かうことになる」と言葉を続けた。

 だがその一方でボルナウは既にケルンからの延長オファーに断りを入れ、VfLヴォルフスブルク移籍希望をクラブ側へと公言。クラブ間交渉でまとまらない中でのキャンプインということもあって、意欲という点で疑問の声も挙がっているところ。ただこういった不確かな状況に苛立ちを募らせてはいることだろうが、バウムガルトル監督は手の回復に努めてそれからも「全力を尽くしてくれることだろう」と期待している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報