ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月31日

ヴォルフスブルク、元主将ギラボギがボルドーに移籍

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクはジョシュア・ギラボギが、母国フランスのジロンダン・ボルドーへと移籍することを発表した。7年半過ごしたクラブを後にする決断を下した理由について、同選手は「家族も僕もヴォルフスブルクで居心地よく過ごしていたから、今回の決断はとても難しいものだったよ。7年半というのは、プロ選手にとって非常に長い期間だ。だからヴォルフスブルクはずっと心の中で特別でありつづける」とコメント。あくまで今回の決断はフロリアン・コーフェルト新監督の下、将来性の厳しさが理由であることを強調している。

 2014年にアトレチコ・マドリーからヴォルフスブルクへレンタルで加入したディフェンダーは、即座に主力として定着すると、2016年に完全移籍。2018年にはキャプテンにも任命されており、昨夏にカスティールスへと譲って以降は副キャプテンをになってきた。だがこれまでヴォルフスブルクで239試合に出場してきた同選手は、コーフェルト新監督就任直後は重要な役割を担っていたものの、後半戦では全く出場機会を得られていなかった。なお今回は今季いっぱいまでのレンタルながら、ボルドー側には買い取りオプションも付随している。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報