ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月31日

ヴォルフスブルク、デンマーク代表FWヨナス・ウィンドを獲得

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り攻撃陣の補強を目指していたVfLヴォルフスブルクは、デンマーク1部FCコペンハーゲンよりヨナス・ウィンドを獲得したことを発表した。22歳のデンマーク人ストライカーは、日曜日に無事メディカルチェックをパスして、2026年までの契約にサイン。kickerが得た情報によれば、移籍金として1200万ユーロが投じられる模様。

 これから背番号23を身につける同選手は「ここにこれてよかった、そう思っているところだよ。ヴォルフスブルクを選択した理由は、クラブからとても必要とされていると感じたからだ」とコメント。「これからが楽しみだね」と意気込みをみせた。

 またヴォルフスブルクのシェファーSDは「ヨナスはボールの出し入れにおいて非常にテクニックのある選手であり、狭いスペースでも打開策を見出し、空中戦でも強い、チームプレーヤーだ」との印象を説明。「すでに経験を積んでいる選手であり、そしてここでさらにステップアップを果たしていくものと確信している」と言葉を続けている。

 これまでFCコペンハーゲンにて全てのユースチームを経験しプロへの階段を駆け上がってきたウィンドは、2018年よりトップチームで114試合に出場。46得点をマークしており、2020年10月にはデンマークA代表でもデビュー。これまで12試合に出場して、4得点をマークしているところ。

 なおヴォルフスブルクでは今冬にワウト・ウェクホルストとダニエル・ギンチェク、そしてアドミール・メーメディらFWがクラブを後にして一方、先日には1.FCウニオン・ベルリンより、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼの復帰が発表。ウィンドとともに攻撃陣の活性化が期待されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報