ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月21日

ドルムントから関心のシュラーガー、来季の動向は?

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ザヴェル・シュラーガーの長期離脱が、今季のVfLヴォルフスブルクの不振の1つの要因になっていると言っても、決して過言ではないだろう。だがこのままブンデスリーガ残留を果たしたとして、来季も引き続きシュラーガーをあてにすることができるのか?契約は来季で最終年度を迎えることになり、シーズン終了後にも話し合いが行われる見通し。

 当然ながらクラブ側は契約の延長を目指すことになるが、シュラーガー自身は何を望むのか。特にザルツブルク時代の恩師マルコ・ローゼ監督率いるボルシア・ドルトムントとの関係が取り沙汰されているところ。ただkickerが得た情報によれば必ずしも、シュラーガーがこの夏に延長に応じなくとも、その価値からヴォルフスブルク首脳陣は売却に動くわけでもないようだ。
 
 実際にこれだけの不振のなかにあったヴォルフスブルク、そしてシュラーガーではあったものの、このシーズンにおいてもその重要性は数字として現れており、出場した10試合での平均勝ち点数は1.6。不在時の0.9とはあまりに大きな隔たりが見受けられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報